大腸の内視鏡検査でリスクを下げましょう。

健康に気を遣い、健康診断や人間ドッグを積極的に利用する人が増えています。中でも大腸は第二の脳と言われ、ストレスや気分、免疫など神経的な影響を大きく受ける器官です。食あたりでなくてもお腹を下したり調子が悪くなったりということがよくあるように、現代社会の生活でたくさんのストレスを受け、状態が悪くなることも少なくありません。内視鏡検査は大腸の状態を知るための最も直接的かつ有効な検査方法のひとつです。内視鏡で内面の状態を直接見ることができ、より確実な診断を下すことができます。どのような検査でも時間やお金がかかったり、結果が出るまで待たされたりということがあります。内視鏡ならすぐに結果が分かることが多く、あれこれ検査を重ねなくてもこれひとつで済む場合が多いです。大腸の調子を知りたい方や何事も早期発見でリスクを下げたい方にはぜひお勧めです。

大腸の内視鏡は必ず受ける事

近年、男性も女性も大腸がんに掛かる方の確立がとても増えています。最初の検査は検便などで検査を始める事が出来ますが、大腸の場合は内視鏡の検査が一番早期発見に繋がります。多くの方は、検査の時の痛みや肛門からなので恥ずかしさがあるようですが、そのような気持ちを捨てて検査をする事をお勧めします。検査の時の痛みに関しては、最近では痛みを感じないように検査の前に痛みどめなどを出してくれる病院もありますので検査の前に聞いてみて下さい。恥ずかしさは一瞬ですので我慢するようにして下さい。とにかく大腸がんは早期発見が大切です。もし、ポリープなどがあった場合には、検査の時点で取り除く事が出来ますので、男性の方も、女性の方も1年に1度は大腸の内視鏡検査を受ける習慣を付けるようにして下さい。何もなければ安心出来ますので1度は必ず受ける事をお勧め致します。

大腸内視鏡検査の受け方

大腸の内視鏡検査というと大変そうなイメージを持ちますが、病気を発見するためにはとても有効な手段です。検査を受けるときの流れは次のようになります。まず、検査前日は胃に優しい消化のよいものを少しだけ食べるようにして、睡眠をしっかりとっておきましょう。検査当日の食事は我慢して、着替えやすい服装で検査に向かうと良いですね。病院では、少し大変ですが、合計2リットル程度の下剤を飲みます。準備が整ったら検査台に横になり、鎮静剤や、腸の緊張をやわらげる注射を受けることもあります。内視鏡を挿入されている間は、力を抜くように心がけましょう。医師はモニターを見ながら腸内をくまなく観察し、数十分程度かかることが多いようです。検査後は、場合によっては体調がすぐれないこともありますから、飲食・運動・入浴・車の運転などは、医師の指示に従って無理のないようにしましょう。

経験豊富な内視鏡検査と一人一人に合った量の鎮痛剤の投与によって、苦しくない無痛の内視鏡検査を安全に行っております。 当サイトでは1年365日予約受付システムでのサービスを行っております。 胃腸内科・消化器内科・総合内科・循環器内科・呼吸器内科・漢方内科・アレルギー内科の診療ができます。 スタッフによる「体にやさしい食べものがたりブログ」随時更新しております! 大腸の内視鏡ならたまプラーザ