大腸の内視鏡検査当日に行う事と検査後

大腸の内視鏡検査を行う検査当日では、検査室では検査台に横になったらリラックスしながら先生を待ちます。検査をする前には鎮痛剤を注射をしますが、状態によって腸の緊張を和らげることができる薬を注射します。内視鏡の検査を開始した際には、肛門から内視鏡を挿入しますので、挿入中には違和感があるかもしれませんが、楽な気持ちに力を抜きます。検査中に先生がモニターに映る腸の中を隅々まで観察します。検査は患者ごとに多少異なりますが、数十分で終了します。検査終了後には横になって少し体を休ませますが、気分が悪い時や体調に変化が出た場合には先生や看護師の方にすぐに伝えます。検査後の注意としては、お腹が張ってくるのでオナラをドンドン出して、当日は車の運転は禁止です。飲食は検査後1時間が経ってから取れます。激しい運動は避けて、お風呂はシャワーで軽く入ります。便に少しだけ血が混じってしまう場合があります。

大腸の病気は内視鏡検査で知る

体内のことは自身で見ることができないため、病気に気付けないことも少なくありません。そんな時のために内視鏡検査があります。大腸がんなどを知るために必要とされていることから、定期的に受けてみた方がいいかもしれません。地域によっては、低料金で受けられることがあります。大腸の病気として知られているものは、がん以外にもたくさんあります。便秘や下痢などが続いているという人は何らかの疾患が関係しているかもしれません。早急に専門医に診てもらうことをお勧めします。例えば、がんの他にも炎症が発生しているといったことなどを知ることができて便利です。早期発見ができやすい検査でもあることから、早期治療に繋げるためにも有効的な方法と言えます。ただし、お尻から入れて検査するということに抵抗を持つ人が多くなっています。女性の場合、女医を選択できる病院やクリニックを選ぶといいかもしれません。

大腸内視鏡検査の前にはやることが多いです。

大腸内視鏡検査をする時は、事前に予約をしないといけないですし仕事も休まないといけないかもしれないです。検査の前日は22時までに食事を済ませないといけないですし、22時には下剤を服用することがありますし寝ている間でもトイレに行くことがあるかもしれないですし朝にも同じように飲まないといけないかもしれないです。一番辛いのは、1、5リットルの水を溶かしながら一時間以上掛けて飲まないといけないことです。全部飲まないといけないのが辛いかもしれないです。もちろん体調がおかしくなることもありますしそれでも我慢をしないといけないです。そのあとに指定の時間15分前に到着しないといけないかもしれないですし、検査は一時間近くになるかもしれないですしすべて終わった後に下剤に近いのを入れてトイレに行かないといけないかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*